練習の大切さについて

まず最初に
『週1回1時間のレッスンだけで上達させてあげる事はできません』

どれだけ先生がスーパーグレイトティーチャーであってもそれはホンマに無理です。笑
だって練習しないと振付とか忘れるでしょ?

例えばある日のレッスンで新しいステップを1つ教えたとします。
1時間のレッスンの中で、できるようになる子もいればそうじゃない子もいます。グループレッスンにおいてそれは必ず起こる事です。

ここでのDNAダンススクールの方針は”できなくて全然ok”

でも次のレッスンまでにはできていて欲しいので練習の仕方をレクチャーします。
“正しく覚えて帰って貰う”これを大切にしてます。

 

そして次のレッスンの時に
振付をちゃんと覚えている子』と『振付を忘れてしまっている子
も必ず出てきます。開校したてのクラスは特に練習の大切さがまだ伝わりきっていないのでよくあります。

ここで私はちゃんと振付を覚えてきた子の為のレッスンをします
上手い下手で判断しません。覚える努力をちゃんとしたかどうかです。

ここに関しては見ていればわかります。

覚える努力をちゃんとしてきた子はまっすぐ自分の姿を鏡で確認しながら踊れるんです。
練習をしてない子は周りをきょろきょろ見ながら自信がなさそうになんとなく踊ってます。

私も人間なのでたくさん努力する生徒の方がもちろん可愛いし、一生懸命教えてあげたくなります。

もう1度言いますが上手い下手では判断しません。
一生懸命頑張ってきた子に失礼にならないくらい一生懸命指導したいのです。


もちろん練習してこなかった子をサポートしないわけではありません^^
復習はみんなにとって必要な時間なのでちゃんと説明し直します。

ただ、練習してこなかった子に
練習しないと自分にどんな不利益が返ってくるのかを教える事も大切だと考えています。

練習しなければ他の生徒達との差がつくのは当然です。
なぜ差がついてしまったのかを考えさせます。

下手だから。センスがないから。
で片付けてしまわせない事が重要です。

“練習量が足りないから”理由はこの1つだけです。

悔しいという気持ちを上手にコントロールしてあげて、上達へ導いてあげたいです。

練習はダンスが上手くなるのはもちろん、毎日努力する事で自信を与えてくれます。

ちなみに子供によって得意不得意があります。

Aちゃんはステップが得意だけどダウンアップが苦手
Bクンはリズム感は抜群だけど振付を覚えるのが苦手

色々あります。人それぞれ。

では問題です!!
ダンスを始めてまだ1ヶ月の初心者のAちゃん
“得意なステップ””苦手なダウンアップ(リズムトレーニング)”
どちらをたくさん練習した方が良いと思いますか??

私の考えは得意なステップなんです♪
初心者さんの内はまず自分にもダンスができる‼️という自信が必要だからです。

ダンスに自信を持てるようになればダンスが大好きになります!
そうすれば自然と苦手な事にも挑戦しようとする気持ちが湧いてきます☆

ダンス歴が長くなれば苦手な事を克服するための練習時間を長く取って欲しいですね!

 

自信は人間を強くします。
自信をつけるためには努力が必要でそれがダンスにおける練習です。

まずは楽しんで♪
最初から全部できる人なんていません‼️そんな天才見たことありません。笑

私の実家に私がダンス始めた頃の動画が残ってたら見せてあげたい。ひどいもんですよ・・・笑

できない事を乗り越えていくから楽しいんだよ^^
悔しい気持ちは宝物です♪

 

DNAダンススクールは現在宇治・西院・丸太町・嵯峨嵐山にて開校中です!!

詳しい場所はこちら

お近くの方は是非一度体験レッスン受けに来てみてください♪♪

DNAダンススクールは

幼児さん〜中高生の初心者さんまでのクラスをご用意しています!!

どのクラスが子供さんに合っているのかは是非こちらからご確認ください

 

関連記事

  1. ダンスで学べることとは何なのか

  2. 習い事と子供の未来の話

  3. 子供に信頼してもらうこと